--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-17

「幸福の科学」考(6)

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

今回の参院選における幸福実現党の得票数が約23万票であったことはすでに書いた通りです。昨年の衆院選では46万票。とすると、実質的な幸福の科学の実質的な信者数は20~50万というところでしょう。

衆院選での惨敗をきっかけに信者が急激に減っているという可能性がありますが、これは次回の衆院選に幸福実現党が三度目の挑戦をしての得票数を見なければ断言はできません。というのは、票数を比較すると、衆院選と参院選の投票率とだいたい一致するからです。

とはいえ、組織票というのは投票率に左右されにくいのが特徴ですから、世間の投票率につられて、教団の投票率まで下がったとすると、それはそれで教団の求心力に問題があることになります。

それはともかく、この20~50万という数字、どう評価するべきでしょうか。

公称信者数1,100万人からいえば、約2~5%でしかありません。

もちろん、宗教団体の公称信者数は実際より多いのが普通です。これは、しかたがない部分もありまして、普通、宗教団体への所属というのは、入信の時はそれなりの手続きを踏みますから把握しやすいのですが、やめる時については、よほどの場合を除いて、わざわざ退会手続きをとるということはあまりありません。

だいたい、特殊な教団を除いて、信者に強制力を持っているところはあまりありませんから、わざわざ退会の意思を示さなければやめられないなどということはあまりないでしょう。ですから、だんだん教団との距離が遠くなり、自然に行かなくなるというケースの方が多いと思います。

また、例えば仕事が忙しくなったとか、体の具合が悪くなって出歩けなくなったとか、家族を介護しなければならなくなったとかで、別にやめたいというわけではないけれども、行かない期間が長くなるうちにうやむやになるということも少なくないでしょう。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-07-14

「幸福の科学」考(5)

さて、参議院選挙は民主党の大敗に終わりましたが、個人的にはこちらの方にも関心を持っていました。

比例代表の政党別得票数

民主党     18,450,140 (31.56%)
自由民主党   14,071,671 (24.07%)
みんなの党   7,943,650 (13.58%)
公明党     7,639,432 (13.06%)
共産党     3,563,557 (6.09%)
社会民主党   2,242,736 (3.83%)
たちあがれ日本 1,232,207 (2.10%)
新党改革    1,172,395 (2.00%)
国民新党    1,000,036 (1.71%)
日本創新党   493,619 (0.84%)
女性党     414,963 (0.70%)

幸福実現党  229,026 (0.39%)

公称信徒数1千万を称し、雑誌の特集などの新宗教の信者数ランキングでは創価学会を超えてトップとされることもあるわけですが、公明党の得票数の33分の1という素晴らしい数字です。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-27

「幸福の科学」考(4)

日本仏教と輪廻転生(前編)
日本仏教と輪廻転生(中編)
日本仏教と輪廻転生(後編)

幸福の科学の大川隆法総裁が書いた『仏陀再誕』に、次のような文章があります。

「もろもろの比丘、比丘尼たちよ。
 私は、おまえたちに、これだけはどうしても言っておきたいのだ。
 お前たちの最低限の仕事として、
 人々に永遠の生命を教え、
 また人間が
 この世とあの世を転生輪廻している存在であるといういうことを
 教える必要があるということなのだ。
 実は、この思想こそが、
 人間として生まれ、生き、成長してゆく過程において、
 発見するところの最大の真理であるのだ。
 ほかにいかなる地上的真理を学ぼうとも
 それらの真理の値打ちは、この真理にはかなわない。
 この真理から見れば、子供だましにしかすぎない。
 人間が永遠の生命を生き、転生輪廻をしているという事実、
 その事実を知った時に、人々の価値観は変わらざるをえない」

 (大川隆法『仏陀再誕』幸福の科学出版)

3回にわたって、輪廻と因果応報を仏教の中心的思想と考えるのは、中国に仏教が受容される際、儒教の矛盾を解消する思想として輪廻と因果応報に感銘を受けた士大夫たちが、それらをもって仏教の根本義だと考えたためということを見てきました。

もともと輪廻と因果応報は仏教の前提、言い換えれば「仏教以前の内容」であって、文学を学ぶのであれば読み書きができるのが前提、数学を学ぶのであれば四則演算は当然わかっていなければならないというようなものです。

それはそのはずで、本来、仏教はどうすれば輪廻の生存から解脱できるのかという教えですから、輪廻を前提としなければ輪廻からの解脱もしようがありません。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-17

「幸福の科学」考(3)後編

「幸福の科学」考(3)中編

昨日に引き続き、「宗教立国」の問題を考えてみたいと思います。

まず、確認のために問題の項目を引用。

5.最高の幸福と繁栄を実現する「宗教立国」を目指します。

人間が尊いのは神仏の子であるからであり、基本的人権の根本には信仰があります。正しい宗教こそ国民を幸福にする基であり、宗教の尊厳を取り戻さなければなりません。
本来、宗教と国家は融合的であり、切り離すことはできません。
よい宗教とよい政治が連動したとき、国民にとって最高の幸福と繁栄がもたらされます。
幸福実現党は、宗教が尊敬される理想の国を目指します。


それでは「本来、宗教と国家は融合的であり、切り離すことはできません」という一節から。

宗教には神道に代表されるような共同体の宗教と、プロテスタントや新宗教に典型的に見られるような個人の宗教があります。実際には画然と二つに分けられるわけではなく共同体の宗教からも個人の宗教的な流れが生じることがありますし、個人の宗教もその地域で主流を占めるようになれば共同体の宗教的な機能を果たすようになります。

共同体の宗教というのは、儀礼や儀式によって国家や地域社会など共同体の維持・繁栄を願う宗教です。個人の幸福というよりは、共同体全体の幸福や繁栄を願う傾向があります。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-16

「幸福の科学」考(3)中編

「幸福の科学」考(3)前編

幸福実現党の幸福実現党の2010年4月主要政策に見る幸福の科学の問題について、前回は「霊言」の問題を取り上げましたが、今回は「宗教立国」ということについて考えてみたいと思います。

この冊子の26ページから27ページに「2030年の未来ビジョン」というのがあり、5つの項目があげられています。その5番目が「宗教立国」となっていますので、引用してみます。

5.最高の幸福と繁栄を実現する「宗教立国」を目指します。

人間が尊いのは神仏の子であるからであり、基本的人権の根本には信仰があります。正しい宗教こそ国民を幸福にする基であり、宗教の尊厳を取り戻さなければなりません。
本来、宗教と国家は融合的であり、切り離すことはできません。
よい宗教とよい政治が連動したとき、国民にとって最高の幸福と繁栄がもたらされます。
幸福実現党は、宗教が尊敬される理想の国を目指します。


つっこめないところがないというぐらい見事な内容です。まあ、ありがちな内容ではありますが。

まず「人間が尊いのは神仏の子であるからであり、基本的人権の根本には信仰があります」という一文。統一教会にいたときにも、これと同じようなことを聞いた記憶がありますが、その影響を受けたというより、神の子・仏の子ということの意味を取り違えていることによる共通点ではないかと思います。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。