--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-22

統一教会談議(後編)

統一教会談議(中編)

前回までの内容で、A氏の、統一教会の問題は弟子たちが文氏の教えを実践せず、誤解・曲解によって教会内にサタン圏を作ってしまったことにあるという主張と、それに対するB氏の、教会特に末端信者の惨状に対し、文氏をはじめとして誰も責任をとろうとしていない実態を見れば、そもそも最初からインチキで、ちょうど詐欺師が責任をとるつもりがないからこそ平気でもっともらしいことを言うのと同じだと考えるのがもっとも合理的だという主張を紹介しました。

そこで、私としての見解ですが、基本的にB氏と同じですが、少々スタンスが違います。

まず、統一教会の悲惨な状況については、弟子たち(幹部)が文氏の教えを正しく理解せず、自分に都合よく誤解・曲解しているためだということについては、私も同意します。

例えば、統一教会で信者を服従させるための理論として批判されるアベル・カインの関係について、『原理講論』なり文氏の教えなりを見ると、実際の教会で押しつけられていること、あるいは実践されている内容とはまるで反対のことが説かれています。

統一教会の本来の教えで説かれるアベル・カインの関係は、カイン(部下)がアベル(上司)に絶対服従するというものではなく、カインがアベルに絶対服従するようになるまで、アベルがカインに尽くし愛するというものです。アベルがカインに対して徹底的に愛し尽くし、カインがそういうアベルの姿勢に感動した結果として、カインがアベルに絶対的に服従するようになる、というのが本来の趣旨です。

ところが、そのアベルがカインに愛し尽くすという肝心の過程が省かれ、カインはアベルに絶対的に服従しなければならないとしたのが根本的な間違いです。かくして、ある人曰く「ヤクザの論理」になってしまったのが統一教会の現状だというわけです。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-20

統一教会談議(中編)

統一教会談議(前編)

前回は、A氏が、統一教会の問題は、文鮮明氏の弟子たち(つまり統一教会の幹部たち)が、文鮮明氏の教えを理解せず、自分に都合よく誤解・曲解することによって、教会をサタン圏にしてしまったことにあるという主張をしたところまで書きました。

つまり、A氏の主張では、文氏及びその教えは正しいが、幹部がそれを理解していないために、組織はまったく間違ったものになった。教会員が教会に失望するのはしかたがないが、それが文氏や教えの間違いにつながるとはいえないという立場です。

それに対して、B氏が猛然と「責任」という観点から反論し、私もやや違う立場から、同じく「責任」の問題を論じました。

まず、B氏は自分がもともと統一教会や文鮮明氏に懐疑的だったわけではなく、人並み以上に理想に燃え、『原理講論』も42回読み、御言も読んで、言われることを実践し、納得ができないことは教えを請うために人を求めていったという歩みがあったことを最初に断りました(確かにそれは私も知っており、初めて出会った頃は信じたい心と信じられない心が葛藤している最中でしたが、それでもかなり熱心で真摯な信仰を持っていました…それだけに葛藤も大きかったのでしょうが。その後、統一教会はインチキであるというスタンスが明確になっていきました)。

わからないことがわかるようになると、そこからさらに大きな疑問が生じてきます。それが解決すると、またさらに大きな疑問が起きます。しかし、教会内部で質問すると、「それは考えてはいけない」という回答が返ってくるというわけです。教会の幹部たちは、自分も信者も思考停止状態に置くことによって、組織を維持しようとしていたからです。

※私は、そればかりではなく、単に幹部たちにもわからず、答えようがなかったという要素も大きいと思います。そもそも、統一教会の教えは俗諦レベルにとどまるものですから、その範疇を超える問題には答えようがありません。ただし、俗諦レベルにとどまるからこそ、一見わかりやすく、もっともなもののように見えるわけです。

しかし、B氏はそれでも追求を続け、教えの整合性を維持しようとしているうちに、ふと、もしすべてがインチキであったと仮定したら…ということを思いついたのだそうです。そして、恐る恐る「すべてがインチキである」という前提で考えると、見事にすべてのつじつまが合ったというのです。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-19

統一教会談義(前編)

昨日、私を含めた元統一教会員及び休眠中の教会員3人で、統一教会のについて議論をする場がありました。本来の目的は別件で、仕事の話をするために私が二人を紹介したのですが、当初から統一教会の話で盛り上がり、結局、気づいたときには約5時間も熱い議論を闘わせていたのでした。

その議論の中で、私自身も以前から漠然と考えていたことが明確になり、統一教会もしくは文鮮明氏についてどう向き合うかという点について、誰も拒絶できない、しかし、特に統一教会なり文鮮明氏なりを擁護する立場の人が意識的・無意識的に目をそらしている問題が整理されましたので、 今回はそれについて書いてみたいと思います。

昨日の参加者は、年齢順に次の通り。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。