--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-03

小野照崎神社の下谷坂本富士

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

さる7月1日、台東区下谷二丁目の小野照崎神社境内にある下谷坂本富士のお山開きに行ってきました。


下谷坂本富士

江戸時代、江戸を中心に富士山を信仰する富士講が大変盛んになりました。富士講の信仰の中心は富士山への登拝ですが、誰でも参拝できるというわけではありません。そこで、富士山に登れない人のためにミニチュアの富士山である富士塚を造り、富士山のお山開きの日に登山するようになりました。

一番最初に造られた富士塚は新宿区西早稲田の水稲荷神社境内にある高田富士で、安永9年(1780)のことといわれています(ただし、早稲田大学の拡張のために移築されたため、原形は失われている)。これが評判になって、各地に富士塚が造られるようになったそうです。

失われた富士塚も少なくありませんが、それでも現在、都内だけで約60基の富士塚が残っているといわれます。

中でも豊島区高松の富士浅間神社にある長崎富士、練馬区小竹町の
茅原浅間神社にある江古田富士、そして小野照崎神社の下谷坂本富士は、江戸時代に造られた富士塚の形をよく残しているということで、国の有形民俗文化財に指定されています。

そして、下谷坂本富士は富士山のお山開きとその前日に当たる6月30日と7月1日の2日間だけ開放され、登ることができる上に、その期間だけ授与する特別の御朱印があるということで、時間の合間を縫って参拝することにしたのでした。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2010-06-26

婚活・就活なら口入稲荷神社

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

台東区清川二丁目に鎮座する玉姫稲荷神社。社伝によれば、天平宝字4年(760)に京都の伏見稲荷を勧請したのが創建と伝えられます。



玉姫稲荷神社公式サイト:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Renge/5985/index.htm

氏子地域に靴の製造業者が多いことから、年に2回、靴市が開かれるそうです。紳士靴や婦人靴、子供靴、スニーカー、サンダル、さらには財布、ハンドバッグ、ベルトなどが市価の6割引きから8割引きで買えるとか。足形無量測定や外反母趾の相談コーナー、さらに靴供養や靴神輿のお練りなど多彩な催しもあり、毎年5万人の人出で賑わうそうです。

さて、この玉姫稲荷の境内に摂社の口入稲荷神社というのがあります。


口入稲荷神社

続きを読む

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2010-06-19

江島杉山神社の岩屋

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

墨田区千歳一丁目(もとの本所一ツ目)に江島杉山神社があります。近代鍼術中興の祖とされる杉山和一(杉山検校)の屋敷跡で、世界最初の視覚障害者教育施設とされる「杉山流鍼治導引稽古所」があった場所です。

初音森神社の兼務社で、普段は人がいらっしゃらないのですが、例祭なら宮司さんもいらっしゃるだろうということで参拝したところ、予想は的中、無事に御朱印をいただくことができました。

江島杉山神社公式サイト


江島杉山神社

御祭神は市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)、杉山和一検校(すぎやまわいちけんぎょう)、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)

杉山和一は慶長15年(1615)、安濃津(現在の津市)に生まれたとされます(諸説あるようです)。幼い頃に伝染病で失明しました。16歳の時、江戸の盲人鍼医・山瀬琢一に入門しますが、記憶力が悪く、技術も向上しないため、22歳で破門されます。

そこで、江ノ島弁財天に詣で、岩屋に籠もって二度の断食修行を行いました。その帰り、石に躓いて倒れたときに、何かが手に刺さりました。何かと思うと、丸くなって管状になった枯れ葉の中に入った松葉でした(竹の筒の中だったとも)。そこから鍼の施術法の一つである管鍼法(かんしんほう)を思いついたと言われます。

続きを読む

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2010-06-09

『東海道四谷怪談』ゆかりの寺社

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

まだ怪談には少し早いかもしれませんが、御朱印のサイトのほうに新川の於岩稲荷田宮神社を掲載しましたので、それに因んで『東海道四谷怪談』ゆかりの寺社を紹介します。

『東海道四谷怪談』は、江戸の庶民の信仰を集めていた於岩稲荷の話をベースとして、当時のさまざまな事件など、脚色を加えて創作した四代目鶴屋南北の代表作です。ただし、於岩稲荷田宮神社では、お岩さんは田宮家の再興に尽くした貞淑な妻で、伊右衛門との間も円満だったとしています。

因みに、於岩稲荷田宮神社の宮司さんは代々田宮家の後裔、つまりお岩さんの子孫が継いでいます。

もともとの田宮家の屋敷跡に於岩稲荷田宮神社があります。お岩稲荷というと、普通、ここを思い浮かべるのではないかと思います。


於岩稲荷田宮神社 東京都新宿区左門町17

本来はここが本家本元だったのですが、明治12年(1879)に四谷左門町の火災で焼失したため、京橋区越前堀(現在の中央区新川)の田宮家の敷地に遷座しました。これが新川の於岩稲荷田宮神社です。

続きを読む

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

2010-05-29

宝禄稲荷神社

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。



先週の土曜日(5月22日)、「外れくじ供養」による開運祈願で知る人ぞ知る宝禄稲荷神社(ほうろくいなりじんじゃ)の宝禄祭に行ってきました。

宝禄稲荷神社は新宿区原町三丁目に鎮座しており、穴八幡宮の末社だというのですが、境外末社なのか、兼務社(宮司を兼任している神社のこと、宮司が普段いる神社のほうを本務社という)を「末寺」というような意味で「末社」といっているのか、そこのところは不明。

受験合格、子宝、ギャンブルの勝利、選挙の当選祈願などの御神徳があるとのこと。特に宝くじやギャンブルは御利益があるとか。神社にいらっしゃった町会の方が、「この間もロト6で当たったという話がありましたよ」とのことでした。

社頭に掲げられた「宝禄稲荷昔話」によれば、次のような話があったそうです。



昔、このあたりに大変くじ運の強い百姓がいたのだそうです。しかし、その百姓はもともとくじ運が強かったというわけではなく、富くじにお金をつぎ込んではいつも外れ、嫁さんからいつも怒られていました。

続きを読む

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。