--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-07

平成23年のくらやみ祭

5月5日、今年も東京都府中市の大国魂神社でくらやみ祭が執り行われました。しかし、東日本大震災及び福島原発事故等の諸事情により行事の一部が変更されました。神事は例年通り行われましたが、神賑行事はほとんど中止。メインの神輿渡御も、神輿ではなく唐櫃で渡御、先払いの大太鼓も出ないということでした。

となると、少々不謹慎かも知れませんが、こういう滅多にない機会を見逃すわけにはいかないということで、見にいってきました。

因みに、昨年のくらやみ祭の様子はこちら。
http://rokkonshojo.blog98.fc2.com/blog-entry-170.html

例年のような混雑はないだろうと考え、府中本町に着いたのが午後5時半頃。そこから旧甲州街道へと向かいました。

どの程度の人出があるかということにも関心があったのですが、それなりにお祭りらしい人出でした。規模は縮小されても祭は祭という祭好きや、私のような珍しいからぜひ見たいという人が相当数いたということでしょう。

とはいえ、例年に比べれば格段に少なく、普段の年でもこれぐらいなら楽なのにと思ってしまいました。4日に行われる山車の巡行(今年は中止)より少なめという感じだったでしょうか。

午後6時に煙火が上がり、まもなく行列の先頭が見えてきました。


行列の先頭

威儀物・楽人に関しては例年通りのようでした。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

2011-01-01

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。

今年は卯年、兎の年です。

古来、虎には竹、鹿には紅葉、獅子には牡丹等、特定の動物と背景のセットがありますが、兎の場合は波とセットになります。上の写真は、兎の神社として有名な、さいたま市浦和区の調神社旧本殿の脇障子「月と波兎」。

波間を走る兎というのも不思議な光景ですが、これは謡曲の「竹生島」の一節に由来するそうです。

緑樹影沈んで 魚木に登る景色あり
月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか
面白の島の景色や
(島の緑の木々の影が湖面に映って、魚が木に登っているかのようだ。
月が湖面に浮かべば、兎も波間を走っているでしょうね。
なんと趣深い島の景色よ)

ここから波に兎の図が生じ、江戸時代には広く人気を博したそうです。

逆巻く波間をかける兎、非常に勢いがあります。卯年にあやかって、日本に元気を取り戻す一年としたいものです。

平成23年が皆様にとりまして佳き一年となりますように。本年もよろしくお願い申しあげます。

theme : 新年のご挨拶。
genre : 日記

2010-12-31

ポメラ買いました

今年も残りわずかとなりました。

現在は御朱印サイトの更新が手一杯で、ブログの更新がすっかり滞っていますが、忘れたわけではありません。

というわけだからでもありませんが…



キングジムのポメラDM20を購入しました。

思った以上に使い勝手はいいように思います。

これを活用して、来年はきちんと更新できればいいなと…

それでは、よいお年をお迎えください。

KINGJIM  デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラックKINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM20 クロ リザードブラック
(2009/12/11)
キングジム

商品詳細を見る

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

2010-05-02

東京スカイツリーを見てきました

本日、江東天祖神社の御朱印帳を入手し、ついでに亀戸天神社で藤を見てこようと思い、江東天祖神社にもっとも近いと思われる半蔵門線押上駅で降りました。

ところが、どうしたことか、人がいっぱいです。過去、何回か押上駅を使ったことはありますが、そんなに人が乗り降りするような駅でははず。

……と思ったのですが、地上に出て納得。みんな、東京スカイツリーを見に来ていたのでした。まあ、ゴールデンウィークということもあるのでしょう、大変な人出でした。

既に立派な観光地ですよ、あれは。

せっかくなので、私も見学することにしました。あまり時間はなかったので、北十間川にかかる京成橋から見ました。



現在の高さは358メートルだそうです。

広角のカメラだったので余裕で収まりましたが、それでも完成後は、あの距離で全体を納めるのは難しそうです。なにしろ、まだ倍近い高さになるとのことですから。

↓一日一回クリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ

新下町伝説 超天空610m墨田に東京スカイツリーがそびえる新下町伝説 超天空610m墨田に東京スカイツリーがそびえる
(2008/07/11)
東京新聞編集局

商品詳細を見る

theme : 日記
genre : 学問・文化・芸術

2010-02-15

清浄歓喜団

亀屋清永の清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)。ちょっと不思議な名前ですが、お菓子の名前です。友人が京都のお土産に買ってきてくれました。



箱です。題字は第253世天台座主の故・山田恵諦師です。



箱を開けたところ。

中を見ると、巾着(金袋)の形をした揚げ菓子です。巾着の形をしていますが、非常に古めかしい印象です。それもそのはず、遣唐使が持ち帰った唐菓子で、千年以上の歴史を持つのだそうです。

続きを読む

theme : 日記
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。