--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-10

教祖といえどもただの人間

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

教祖といえどもただの人間です。当然のことですが、往々にして忘れられていることです。

といっても、教祖だからといって偉いわけではない、などと言いたいのではありません。当然のことですが、教祖とされる人たちの中には立派な人がたくさんいます。しかし、普通の人間と隔絶した存在ではなく、本質的には我々と同じ人間であって、特別な存在になったわけではないことをわきまえておくことが大切です。

ところが、「教祖」とかという肩書きがつくと、それだけで色眼鏡がかかって、五割増し、十割増しぐらいで見えるようになってしまい、客観的な判断ができなくなってしまうということがよくあります(だいたいそういうものです)。そして、神聖犯すべからざる存在として祭り上げてしまい、下手をすると教祖も信者も不幸になるということさえ起こります(オウムみたいな極端な例でなくても)。

まあ、人間というのはそうしたもので、人の判断についても、なかなか自分の感覚だけで判断することはできませんから、肩書きや学歴、過去の実績といった情報に影響されます。また、見た目による影響も大きいことは当然のことです。

とはいえ、例えば会社の社長が相手であれば、会社の社長という肩書きの人は世の中にごろごろいますし、よほどカリスマ的(教祖的)な社長はともかくとして、本質的には同じ人間と思っていますから、盲目的に信じるなどということはないでしょうし、社員の間では辛辣な評価が出ることも珍しくないでしょう。

だからといって、社長に価値がないわけではありません。何か人より優れた面があって(それが能力とは限らず、血筋の問題だったりもするわけですが)社長になれたわけですから、人として価値を認められるべきであることは言うまでもありません。

ただ、社長の場合、本質的に社員と変わらない人間だということはわかっていますから、社長というだけで盲目的尊敬を集められるわけではなく、社長個人の実力(能力、実績、カリスマ性など)によって信頼と尊敬を集めなければなりません。

で、私としては、教祖だって同じだということを言いたいわけです。神様から選ばれた特別な存在などではなく、宗教者・信仰者としての姿勢、あるいは教祖としての能力について、社長が社長としての実力が問われるのと同じように問われなければなりません。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-05-22

徳もあるが、業も深い

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

先日、ある宗教団体で中堅クラス…地域のスタッフをしている知人と話をして、いろいろ愚痴を聞いたり、アドバイスをしたりしたのですが、その中で、その教団に限らない誤りというか、たいていの宗教団体に共通する錯覚があることを再確認しました。

それは、宗教団体で人の上に立つ立場になるというのは、人よりも価値があるとか、清められた存在であるからではないということです。むしろ、先祖なり前世なりの業(マイナスの因縁)が大きいので、人のお世話をすることを通して、自分のマイナスの業を解消するために、そういう立場に立てられているのです。

もちろん、マイナスの業(因縁)が大きいだけで教団の幹部や信者のお世話をする立場になれるわけではありません。プラスの業(因縁)も大きいからこそなれるのであって、マイナスの業は大きいけれどもプラスの業は少ないという場合、とても人のお世話をすることなどできません。しかし、プラスの業が大きくてマイナスの業は少ないという場合、宗教団体で人のお世話をするなどという苦労をさせられる必要はないわけです。

ですから、およそ宗教団体の偉いさんが自分の下の人たちに偉そうにするなどというのはとんでもない話で、お世話をさせていただくことによって、自分が救われるのだという感謝の思いをもって接しなければなりません。自分が面倒を見ている人こそ、自分を救ってくれる人なのです。

そういう話になったのは、最近、その知人が体験した次のような話からの流れでした。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-03-09

真俗二諦(4)

引き続いて、俗諦(世俗の真理)レベルに留まる宗教について考えてみましょう。

真諦(仏教における究極の真理)というのは、諸行無常(あらゆるものは常に移ろいゆく)・諸法無我(あらゆるものは因縁によって生じたもので、実体性がない)で、この世のあらゆる物事は絶対的なものではなく、思い通りにはならないということです。

ですから、真諦のレベルに到達した宗教あるいは宗教者は、除災招福(不幸を避け、幸福を願う)のために祈祷したり、実践を指導したりするときでも、それを前提にしたものとなります。

ところが、俗諦レベルに留まる内容しかない宗教あるいは宗教者は、この世にも何か絶対的なものがあると考えています。そもそも、何か絶対的なものがあると信じ、それが宗教の世界にあると思っているからこそ、それを追い求めて宗教をやっているわけです。そして、その絶対的なものを見つけたと思っているから、その宗教をやっているのです。

この世の物事には絶対的なものはないということだけが絶対だという真諦レベルの宗教と、この世には何か絶対的なものがあり、自分たちの宗教こそがそれだという俗諦レベルの宗教には根本的な違いがあるということです。

無論、絶対的なものはないということが、人間の力を超えた何者かの力が働くことを否定するわけではないのは言うまでもありませんし、それがなければ宗教とはいえないわけですが、俗諦レベルの宗教というのは、それを人間の力で100%コントロールできると考えているわけです(真諦では必ずしも思い通りにならない、コントロールはできないと考える)。

その結果、俗諦レベルの宗教というのは、自分たちの宗教に入れば必ず救われるとか、教祖は完全無欠の存在であるとか、自分たちの指導に従えば必ず問題が解決するとか、この世において一切の問題がない理想的な状態が実現できるといったことを信者に信じさせ、あるいは自分たちでも信じています。

そこに致命的な問題があるわけです。絶対的ならざるものを絶対視する以上、そこに望ましくない現実を突きつけられる事態が起きることは避けられませんので。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-02-20

先祖の因縁(10)

昨日予告しましたように、先祖の因縁を持ち出すと、必ず考え方が後ろ向きになるということについて考えてみたいと思います。

先祖の因縁に関心を持つ人というのは、たいていの場合、現状に対して問題意識を持っている、有り体に言えばいろいろ困った問題があって、それを解決したいと思っている場合がほとんどです。問題には当然、原因があるはずです。それを先祖の因縁に求めるわけです。

今ある問題を何とか解決したいからということで先祖の因縁に関心を持った場合、それが有効に作用することはよくあることです。

というのは、「先祖の慰霊と因果応報」でも書きましたが、先祖の因縁というのは、自分自身というものを見つめ直すきっかけとしては非常に有効です。先祖の因縁というクッションを置くことによって、自分自身の中にある原因に向き合い、それが自分の問題ということを意識するにせよ、意識しないにせよ、先祖の供養という形を取って自分が変わり、それによって問題が解決するということがあるからです。

また、これは霊界の存在を信じるか否かという前提がありますが、私自身がこれまで見聞してきた中で、確かに慰霊や供養によって状況が変わるということはあります。たいていの人なら、そういう不思議な話の一つや二つは身の回りにあるのではないかと思います。霊界で苦しんだり、現世に何かを訴えてきている霊が、供養されることによって浄められ(成仏したという言葉を使うのは抵抗があるので)、それが現世に生きる子孫によい影響を与えるということは、確かにあるようです。

現実的な努力や対処ではいかんともしがたい場合(あくまで現実的な努力を前提として)、先祖の慰霊や供養をしてみるということは価値のあることだと思います。

しかし、だからといって先祖の因縁を発想の中心に置くようになると、考え方が後ろ向きになってしまいます。そして、問題の発生と先祖の因縁による問題解決の繰り返しを延々と繰り返すことになってしまうのです。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-02-19

先祖の因縁(9)

先祖の因縁ということで書いてきましたが、最後に先祖の因縁という観点の限界について考えてみたいと思います。

その前に、最近聞いたちょっと不思議な話をひとつ。私の知人のご婦人(私の両親と同年代の人)から聞いた話です。

そのご婦人は息子さんが二人いらっしゃったのですが、数年前、次男を交通事故で亡くしました。

その次男さんには女の子が一人、そしてもうすぐ生まれるという二番目の子どもさんが奥さんのおなかにいました。その二番目の子どもは男の子で、お父さんの顔を知らずに育ったわけです。

ところが最近、その子がお父さんの口癖と同じことを言う、とても不思議だ、とお嫁さんから電話があったのだそうです。

まあ、それについては、お腹にいるときにお父さんの口癖を聞いていたのかしら、ということで納得しているのだそうですが、さらに不思議なことは、亡くなったお父さんというのがいわゆるマヨラーで、冷蔵庫のマヨネーズをそのまま食べるぐらい好きだったのだそうですが、その子も同じことをするのだそうです。いや、不思議だということで、そんなことがあるのだと話してくれました。

例えば亡くなったお父さんの生まれ変わりだなどという話がありますが、こういう現象があって、そう考えたんだろうなと思います。まあ、解釈はいろいろできるわけで、獲得形質は遺伝しないというけど本当だろうか、とか、いや、マヨネーズ(酢?)が好きな遺伝子があるのだろうか、とか、死んだ父親が何か影響しているのだろうか、とかいろいろ考えられます。

どのような解釈が適切なのかはともかくとして、もしかすると我々が親に育てられる過程で影響され、身につけたと思っている性質でも、実は先天的に持っていたという可能性があるのかもしれません。それがどういう意味を持つかは、まだ何ともいえませんが、自分の持っている常識というのは常に疑う必要があるなあと思った次第です。

さて、先祖の因縁という観点の限界について考えてみたいと思います。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。