--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-24

「ひきこもり」推定70万人

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

内閣府の行った「ひきこもりに関する実態調査」で、若者のひきこもりが全国で約70万人に上るという推計が出たそうです。

「ひきこもり」70万人、予備軍155万人(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000081-yom-soci


家や自室に閉じこもって外に出ない若者の「ひきこもり」が全国で70万人に上ると推計されることが、内閣府が23日に発表した初めての全国実態調査の結果から分かった。
将来ひきこもりになる可能性のある「ひきこもり親和群」も155万人と推計しており、「今後さらに増える可能性がある」と分析している。
調査は2月18~28日、全国の15~39歳の男女5000人を対象に行われ、3287人(65・7%)から回答を得た。
「普段は家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」「普段は家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが、家からは出ない」「自室からほとんど出ない」状態が6か月以上続いている人をひきこもり群と定義。「家や自室に閉じこもっていて外に出ない人たちの気持ちが分かる」「自分も家や自室に閉じこもりたいと思うことがある」「嫌な出来事があると、外に出たくなくなる」「理由があるなら家や自室に閉じこもるのも仕方がないと思う」の4項目すべてを「はい」と答えたか、3項目を「はい」、1項目を「どちらかといえばはい」と回答した人を、ひきこもり親和群と分類した。
その結果、ひきこもり群は有効回答の1・8%、親和群は同4・0%で、総務省の2009年の人口推計で15~39歳人口は3880万人であることから、ひきこもり群は70万人、親和群は155万人と推計した。
ひきこもり群は男性が66%と多く、年齢別では30歳代が46%を占めた。一方、親和群は女性が63%を占め、10歳代の割合が31%と高かった。
ひきこもりとなったきっかけは、「職場になじめなかった」と「病気」がともに24%で最も多く、「就職活動がうまくいかなかった」が20%で続いた。
(以上引用)

私も学生時代にひきこもりをしましたので、他人事ではありません。今さら再びひきこもりになることはないでしょうが(というか、そんなことをしたら飢え死にしてしまいます)、自分の奥底には今でもそういう気質が残っているなあと実感することがあります。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

2010-06-18

ナスレッディン・ホジャとロバ

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

人からのアドバイスに耳を傾けず、自分のやり方を貫くというのはあまり賢明なことではありません。自分のやり方にこだわらず、人の智慧を借りるというのは大切なことです。

しかしながら、一方で人のアドバイスを気にかけすぎると、何事もうまくいきません。物事を成し遂げている人というのを見ると、まず例外なく我が儘で、人の意向を気遣うよりも自分のやりたいようにやっています。もちろん、そこにやり方の上手下手はありますが。

「心神(わがたましい)を傷ましむることなかれ」というためには、いい人であるというのは考え物だとつくづく思います。

さて、日本でとんち話といえば一休さんや吉四六さんが有名ですが、トルコではナスレッディン・ホジャという人物が有名です。現在のトルコに留まらず、かつてのオスマン・トルコの支配領域やトルコ系民族の居住地域であるであるルーマニアやブルガリア、旧ユーゴスラビアあたりからカフカス・中央アジアあたりまで語り継がれているそうです。

一休さんや吉四六さんはとんちでもって相手をやり込めるという傾向が強いのですが、ナスレッディン・ホジャの場合、相手をやり込める話もありますが、それよりも予想外の言動をするという傾向が強いようです。

ある日、ナスレッディン・ホジャは衣嚢(かくし、ポケット)に桃をいっぱい入れて、それを見せびらかしながら街を歩き、通りがかった人に
「この中に何があるかわかるかね? 当てたら、一番大きな桃をあげるよ」
と言いました。すると、相手は
「桃だ」
と答えました。
ホジャはびっくりして、
「これは驚いた。どこの卑怯者が教えたんじゃ!」
と言いました。


とまあ、こんな調子です。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-04-03

苦労は買ってまでする必要はない

只今出張中。昨日までの投稿は出張前に書きためておいたものですが、それが途切れてしまいました。あいにく手元に資料がないので、今日は話題を変えたいと思います。

「苦労は買ってでもせよ」といいますが、本当でしょうか?

確かに世の中で偉くなっている人は、買ってでも苦労をした人が少なくないのでしょうが、世の中、みんながみんな偉くなる必要はないわけで(偉くない人がたくさんいるから、偉い人というものに存在価値があるわけです)、わざわざ買ってまで苦労する必要があるかということには非常に疑問があります。

むしろ、私たち普通の人間にとって必要なことは、大切なことは降りかかってくる苦労は避けるな、ということではないでしょうか。

私の知人で、大変責任感の強い女性がいて、それを評価されて責任のある立場におかれているのですが、配下の人たちがいろいろな動きをする、勝手に問題を起こして人間関係が混乱するということで大変苦労をしていました(下も女性ばかりだったので)。

もともと、その女性は人の上に立つようなことは嫌いな控えめな人ですので、そもそもそういう立場にあることが非常に苦痛であるわけです。しかも、細々したことまで気がつく、また、そこで些細なトラブルがあっても気になるというタイプなものですから、すっかり疲れていました。

自分がこういう立場にいていいのだろうかと相談してきたものですから、それは自分の幅を広げるためのチャンスとして受け止めるべきではないかとアドバイスしました。細々したところまで気遣いするのが彼女の長所ですが、以前から、それによって自分自身が疲れてしまっているところがあったからです。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2010-02-27

嫌な相手は雑巾

ある知人から、どうも上司から不当につらく当たられている気がする、という相談を受けました。無茶な要求をされて、しかも、常識的に考えて両立は不可能というと、心構えが足りない、とか、やるべきことを十分にやってから言え、というようなことを言われ続け、言われ続けているうちに、本当に自分が不足しているのかという気になり、だんだん頭がいっぱいになって、夜も寝られなくなったというのです。

要求されている内容というのは、通常業務に特別業務を押しつけ、しかも権限は渡さず、悪いのは全部部下(中間管理職)で、助言といえば精神論だけという、悪い上司の典型みたいな話でした。

これで、普通の人であれば、上司が悪いということで、だからといって問題が解決するわけではないにしろ、過剰に自分を責めることはありません。

ところが、その知人はなまじ信仰がありますから、やはり自分が不足なのだろうか、とか、相手は自分の鏡だから、まだまだ自分があらためないといけないのだろうか、とか、自分にそういう業があるのだから甘んじて受けなければいけないのだろうか、とか、自分を責めるほうに向いてしまうわけです。

まして、相手は信仰のない一般人ですから、お互いに信仰的な受け止め方をして中和されるなどということもありません。信仰者の陥りがちな罠の典型と言えるでしょう。

まあ、嫌な物事を受けとめるのに、100%自分に責任があると受けとめるのは正しいことですし、相手は鏡であって自分に改めるべきことがある、そういう業が残っているから、そういう目に遭うというのもその通り。

しかし、それによって自分を責め、夜も眠れないほどストレスを溜め込んだのでは本末転倒です。心神(わがたましい)を傷(いた)ましむること莫(なか)れ、というのが一番大切なことであって、信仰的とらえ方といっても、それを基準に考える必要があります。

では、100%自分に責任がある、その他の信仰的受け止め方と、心神(わがたましい)を傷ましめない受け止め方は、どのようにすれば両立するのでしょうか?

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2009-12-17

感謝の効用

難しい話が続いたので、このあたりで軽い話を一つ。

宗教であれ、自己啓発であれ、「感謝」が大切だというのはよく言われることです。しかし、どうもそういう場でいわれる感謝の話というのは堅苦しい感じがして、自分が何か立派な人間にならなければいけないと強要されているような感じを受けるのではないでしょうか。

感謝できないような嫌なこと、苦しいことをグッと耐えて感謝に転換する、というような…。

しかし、感謝が大切だというのは、立派な人格になるとか何とかいう高尚なレベルで大切だというだけではなく、信心の御利益をいただく上でも非常に大切です。

しかも、その感謝の内容というのは、特別高尚なレベルの感謝が必要なのではなく、深く考えずに何でもかんでも有難いと感謝して、人から馬鹿に見られるぐらい有り難がるというところにポイントがあるようです

さて、私が某宗教団体の機関誌の編集をしていた頃、ある支部から信者の豆腐屋さんの証し(いわゆる体験談)が寄せられ、その内容が大変評判になりました。

その豆腐屋さんは奥さんを亡くし、息子さんと二人暮らしでした。

続きを読む

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。