--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-26

中国漁船船長釈放

もし、この一件が政府や那覇地検が言うように、政治判断ではなく検察が決定したのだとしたら、那覇地検の責任者は切腹ものでしょう。

とはいえ、それを信じる国民もいるはずがありません。実際、身近の誰と話しても、誰も信じていません。いくら否定したところで、みんな、政府の圧力があったと考えているわけで、むしろ検察に責任をなすりつけることに不信感を募らせています。

だいたい中国人に日本人的な誠意や善意が通用すると考えること自体、あまりにも愚かすぎます。というか、問題外。彼らは、譲歩すればつけ込むヤクザの腐ったのみたいな人々です。

案の定、事態は沈静化するどころか、悪化の一途をたどっています。

まあ、日韓併合百周年の首相談話でも思いましたが、本当に菅首相といい、仙谷官房長官といい、生きているだけで酸素の無駄遣いみたいな連中ですな。

といって、小沢元幹事長が首相になっていれば、みたいな論調も小沢信者から出ていますが、これも問題外。中国に大朝貢団を引率していったり、一ヶ月ルールを無視して天皇陛下と習近平の会見をごり押ししたり、自分の利益のためには国益など無視してはばからないへたれ独裁者が首相だったりしたら、今回のような問題すら起こらず、中国様の利益を計っていたに違いありません。

それが証拠に、今回の件について、小沢氏は何一つ発言していません。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : これでいいのか日本
genre : 政治・経済

プロフィール

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。