--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-15

困難の中で

今回の震災で犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈り致します。また、被災された皆さまには心よりお見舞い申しあげます。

そして何よりも、今なお危険な状況の中、被災地で救援活動に当たっている皆さま、そして福島原発で作業をされている皆さまに敬意を表し、心からご無事をお祈り致します。

今回の震災、特に原発事故における政府、中でも首相については思うところも少なからずありますが、今はそれを言うときではないでしょう。国民が心を一つとして、この難局に対処していくことが大切だと思います。

それぞれでできる協力をしていくことは当然ですが、なにより無闇にパニックを起こすことなく、救援活動や日常活動に支障を来さないように振る舞うことがもっとも重要な協力ではないでしょうか。自分さえよければという発想は、他人のみならず自分自身の首を絞めることにもなります。

計画停電と称する無計画な停電に翻弄されてはいますが、被災地の方々、特に福島原発近くの方々や作業に当たっている方々のことを思えば、多少の混乱には目をつぶり、極力現場の対応に専念してもらえるよう協力したいものです(というか、日頃口うるさい人も含めて、皆さんがそれを当然のこととして実行されている姿を見て、やはり日本人なんだなあと思っています)。

私たちの先祖は、この自然災害の多い国で、壊滅的な打撃から何度も立ち上がってきました。日本全国津々浦々に人が住んでいることこそ、何よりの証拠だろうと思います。私たちにだって、できないはずがありません。

皆さまお一人お一人の上にに神仏の御加護がありますよう、心よりお祈り致します。がんばりましょう。
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。