--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-20

日蓮大聖人に背く日本は滅びるのか?

一ヶ月ほど前のこと、顕正会の人が布教(折伏?)に来ました。もちろん、顕正会ですなどと名乗るわけではありませんが、日蓮聖人の本を配って云々というので、ピンと来たわけです。

それで、こちらから「顕正会の人ですか」というと、「知っているんですか」という反応。さらに、配っているのは『日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ』かと聞くと、そうだというので、持っているから必要ないと断りました(去年、知人から「もらったけどいらないから、資料として使って」と、必要ないと断るのに無理矢理渡されたのです)。

今、新宗教の多くが信者の数を減らし、布教が進まない中で、発表される数字を見る限り、顕正会は大きく信者を増やしているようです。まあ、辞めた人の数がカウントされずに、増えた人の数だけが上積みされているという可能性はありますが、それでも、それだけ新しい人が入っているということではあるでしょう。

で、人が増えている理由ですが、ネット上の情報を見ると、ここも御利益は強調しているようです。信仰において現世利益を軽視したり低俗視したりする向きもありますが、私は御利益は大切で、御利益のない信仰など、本当の信仰がわかっていない証拠だと断言しますが、それだけでは人を集めることはできても、組織化することはできません。

信者を組織化するには思想が重要です。そして顕正会の場合は『日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ』だと思われるわけです。因みに、この本の著者は顕正会の浅井昭衛会長です。

幸福の科学に対してなどもそうなのですが、私自身も日本の国を大切に思う人間ですから、愛国的な言動そのものについて問題を感じているわけではありません。むしろ、そういう気持ちは大切だと思っています。

自分の生まれた国を大切にするというのは、自分の家族を大切にする、郷土を大切にするという人間として当たり前の心情の延長線上にあるもので、それが世界人類を大切にするという心につながるものだと思うわけです。

国を愛するという心を否定しながら世界人類を愛するなどと称する連中は、本当は自分さえよければいいという利己的な価値観を正当化する手段として、国よりも大きくて、かつ曖昧な世界とか人類を大切にすると言っているに過ぎません。

郷土や国を愛する心を否定しながら、神や信仰を説く宗教者・信仰者も同じです。

しかし、これが世界に冠たる○○みたいな、自分の国を他国から崇められるような存在に祭り上げて、国家単位でカルト教団になろうというような発想はいかがなものかと思います。そんなことをしていたら、カルト教団の信者が精神的におかしくなるように、国民がおかしくなってしまいますから、結局、国家国民を害する結果になってしまいます。

まして、国を大切にする気持ちをカルト宗教に連結し、教祖の崇拝につなげるような姑息で卑劣なまねには我慢がならないわけです。

それで、日蓮大聖人に背く日本は滅びるのか、という問題について。

中身を論じるまでもありません。常識的に考えればわかることですが、まったく無意味な話です。彼らの主張する「国立戒壇」が、明治35年(1902)に国柱会の田中智学が言い始めたことだという歴史的事実を指摘するまでもありません。

まず、浅井会長自身も言うとおり、日蓮聖人は約700年前の人物です。つまり、日蓮聖人が亡くなって700年間、彼らの論法でいうならば、日本は日蓮聖人に背き続けています(日蓮聖人は、日本から法華以外の教えがなくならなければならないと考えていたので)。

そして、この話が無意味だということは、当時存在していた国を見るだけでわかります。ちょっと長くなりますが、日蓮聖人が『立正安国論』を表した文応元年(1260)当時の国々を列挙していきます。

まず東アジアでは、この年にモンゴル帝国のフビライが即位しています。元の国号を採用したのは1271年のことです。中国の南半分には、まだ南宋が存続していました。韓半島は高麗、ベトナムは北部に陳朝、南部にチャンパ王国がありました。

東南アジアでは、タイにはスコータイ朝、カンボジアはクメール王朝(アンコール王朝)。ジャワ島にはシンガサリ王国がありましたが、1294年にマジャパヒト王国に取って代わられています。スマトラ島にはシュリービジャヤ王国。ミャンマーのパガン朝は1287年に元に滅ぼされます。

南アジアでは、北インドに奴隷王朝、南インドにチョーラ朝パーンディヤ朝ホイサラ朝ヤーダヴァ朝カーカティア朝など。

中央アジア・西アジア・ロシアなどはモンゴル帝国に服属しており、その地方政権であるチャガタイ・ウルスフレグ・ウルス(イル・ハン国)ジョチ・ウルス(黄金のオルド、キプチャク・ハン国)などがありました。

北アフリカでは、エジプトにマムルーク朝、チュニジアにハフス朝、アルジェリアにザイヤーン朝、モロッコはムワッヒド朝からマリーン朝に交代するところです。エチオピアでは、1270年に復興ソロモン王朝(20世紀まで続くエチオピア帝国)が成立しています。

英国はプランタジネット朝、フランスはカペー朝、中欧には神聖ローマ帝国があり、ちょうど大空位時代です。イタリアは教皇領シチリア王国ヴェネツィアミラノフィレンツェなどの小国家・都市国家が分立していました。

北欧にはデンマークノルウェースウェーデン。東欧にはリトアニアがまだキリスト教に改宗せずにがんばっていました。ポーランドはモンゴルの侵攻により荒廃していた頃です。

ギリシャ・小アジアは東ローマ帝国が支配していました。イベリア半島にはカスティーリャ王国アラゴン王国ナバラ王国ポルトガル王国ナスル朝グラナダ王国がありました。

とまあ、延々と13世紀の国々を見てきましたが、これらのうち、今残っている国がどれだけあるでしょうか。

英国は、現王朝もプランタジネット家の血を引いていますから、まあ、残っているといえるでしょう。フランスは革命がありましたが、フランス人の国という意味では継続しているといえるでしょうか。ポルトガル、エチオピアも同様。スペインはカスティーリャとアラゴンの統一によって成立していますから、継続しているといえるでしょう。デンマークも継続しています。

まあ、それぐらいなものです。

そして、その他の国々は残っていないというだけでなく、その後も興亡が続いています。中国の明や清をはじめ、ティムール王国やオスマン・トルコ、ムガール帝国など、巨大な帝国を築きながら消滅した国がたくさんあります。

ですから、日蓮聖人の時代から国が滅びずに続いているというのは容易ならざることであり、厳然たる事実として「日蓮聖人に背いていても、国は滅びなかった」と断言することが可能なわけです。

もし、万が一、日本が滅びるとしても、それは日蓮聖人に背いたからではありません。日本の国民が、日本を大切にする心を忘れるためです。

むしろ、諸宗教が共存してきた日本の国柄を考えれば、排他的な一宗派が国教になることなど望ましくはありません。特定宗教が世俗権力の上に立たなかったことこそ(戦前の神道にしても、神道が国家を支配していたわけではありません)、日本が今日まで継続してきた大きな理由の一つであろうと思います。

国を大切に思うことは素晴らしいことですが、国家の上に一宗派・一宗教を君臨させるようなことは、かえって弊害となります。ですから、そういう宗教に惑わされないようにしなければなりません(まして、今さら日蓮聖人に背く日本は滅びるなどという世迷い言をのたまう教団などには)。

また、言うまでもありませんが、自分の国をないがしろにするような宗教は有害ですし(無益とは限りませんが)、そんな宗教が国家権力に関与したりしないよう警戒するべきことは当然のことです。

心神(わがたましい)を傷ましむること莫れ。ありがとうございます。

↓一日一回クリックしてくださった方には、きっと何かいいことが起こると思います。
人気ブログランキングへ

日蓮の本―末法の世を撃つ法華経の予言 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 5)日蓮の本―末法の世を撃つ法華経の予言 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 5)
(1993/02)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

浅井昭衛ジーサンは警察嫌いだ

採用面接では色んな事を聞かれ面接官から、カルト宗教の顕正会って知ってる?東大合格を不正水増ししてる江戸取をどう思う?と聞かれ慌ててネット検索。後ろに必ず容疑者と付け加えてケンサク。宇高明男、赤峰加代子、寒河江真、中沢誠、行徳祐一、桜井祐也、岡村治。漢字注意!牛じゃ無い午前の午腸明容疑者。茨城県取手市の江戸川学園取手中学高校えどとり江戸取中高校は、近くに競輪場が有り、汚大男が江戸取生徒達に駅で、男子生徒は股間を蹴られ女子は尻と胸揉み!通学証明まで金取り、他校は1円も取ら無い。払わねば通学定期券じゃ無く、大人と同じ通勤定期券。これじゃ江戸取じゃ無く金取り中高校じゃん!親生徒と学校が最高裁まで争い体罰が多い、東大水増し江戸取!よくCMやってる栄光ゼミナールとナビオは講師がダメで、下級生への暴力放置。台東区そうぷらんど吉原、ランドマークは、AV女優なんか1人も居ない。高い金払ってスグ、AV嬢が急病?別の嬢をと振替迫り、ドブス嬢を出し、超ブ酢だらけ!そして洗脳するカルト宗教の顕正会は未成年や子供、認知痴呆症と知的障害者を無理矢理、入信させ逮捕続出!ゲームセンターやパチンコ屋と教習所で他人に声を掛け、へぇキミ上手いね?今度僕に教えてよ!顕正会を隠し勧誘。中沢と桜井はヤクザで2回も逮捕!更に宇高と赤峰は何と殺人!今すぐ検索!平成19年12月8日、板橋区の顕正会会館で殺人未遂!フジ・テレ朝と読売新聞。犯人はスパイダーマンのオメンをかぶり。午腸とスパイダ事件を顕正新聞にも載せずダンマリ!自分達に都合の悪い事は載せず、書け無い顕正会!家の固定電話は相手の電話番号が分かるナンバーディスプレイで防ぎ非通知出ない。仲良く無い同級生から、会おうょ?行かず、電話切れ!喫茶店ではコーヒー代を置いて逃げろ。けんしょう会は必ず肩・首を掴むから110番!会長の浅井昭衛ジーサンは、国民年金なんか将来必ず破綻ハタンするから保険料を納めるな?とホザキ。真相は 若い時に保険料を納めて無く、オジイチャンに成って悔し泣き!要するに保険料を納める金を顕正会に払え?と言う意味!国民年金は、若い時に保険料を納めていれば、老人に成って必ず年金が、毎月 死ぬ迄もらえるし、それだけじゃ無く、障害者年金と言って、大きな病気・ケガで若くして働け無くなった場合に、障害者年金が毎月 死ぬ迄もらえる。但し、保険料を納めていた人のみ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: たまたま

>謎の人物様

顕正会の方でしょうか。

まあ、アベノミクスがとかTPPがとかおっしゃっていますが、冷静に、ご自分たちが
これまで日本がつぶれる経緯をどう説明してきたかを考えてみればよいと思います。

例えば10年前に同じ説明をしていたのであれば評価しますが、状況が変わるたびに説明が
変わるようでは、何でも言えますよね。

あと、私は別に日蓮聖人に文句を言っているわけではありません。顕正会の主張は
おかしいと言っているわけです。念のために。
プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。