--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-28

善人になろう

善人になりましょう。昨日とは逆のことを書くようですが、善人になることは大切です。

こう言うと「いや、人から悪人と見られていても、本当は人には見えないところで善行を積もうということですよね」と善意に解釈してくれる方がけっこういるのですが、そういう道徳的なことを言うつもりはありません。

それとはまったく逆で、人から善人と評価されるようにしましょう、人目を気にしましょうという話です。もちろん実際に善行をするということも大切なことですが、とりあえず今は関係ありません。

周囲から善人と評価されることが大切なのです。

なぜでしょうか。

ここでいう「悪人になる」「善人になる」というのは、昨日のエントリーを見ていただければおわかりの通り、それぞれ十界(じっかい)の話における四聖(ししょう)の境地を目指すことと、六道(ろくどう)の中で天界を目指すこととに対応しています※。

※十界・六道・四聖はこちらを参照。

世の中で悪人とされている人というのは、たいていの場合、本当に悪い人なのか、それとも本当は善い人なのに悪い人と誤解されているのか、実のところは断言はできません。周囲の評価で悪人か善人かを分類しているだけだといえます。いいか悪いかは別にして、それが現実なのです。

昨日の定義からすると、悪人とはそういう現実の上で、悪人と評価されることを受け入れた人です。善人というのは、悪人と評価されることを受け入れられない人です。

悪人と思われるということは、そのまま悪人としての扱いを受けるわけですから、自分にとって不愉快であったり不利益な環境を与えられることになります。

そういうとき、他人から善人と思われたいという意味での善人は、悪人と思われるだけで心を悩ませ、苦しむことになります。たいていの場合、一生懸命釈明をして、それで問題が解決することもありますが、むしろ逆効果になり、ますます立場を悪くすることも少なくありません。

つまり、善人になろうとすることは、六道の世界で悩み苦しみながら、その中でよりよい世界を願っているということになります。六道の中でよりよい境遇を願っているわけです。

それに対して、悪人になろうというのは、そういう悪人としての扱い=悪人としての境遇を受けることを恐れないようになろうということです。そこには境遇に関わりのない心の平安がありますから、六道を越えて四聖の境地に足を踏み入れているといえるのです。

悪人になることによって、「心神(わがたましい)を傷(いた)ましむること」がなくなるわけです。

では、なぜそれにも関わらず、善人になりましょうというのでしょうか。

それは、現実生活において、悪人と思われているというのはデメリットが大きいからです。

悪人になるといっても偽悪者を目指しているわけでなく、悪人と思われることを目的としているわけでもないわけですから、わざわざ悪人ぶってデメリットを受けなくてもいいのではないでしょうか。

例えば、いい人と評価されていれば許されることでも、悪い人と思われていると、警戒されて許されないということが少なくありません。また、何かあったときは真っ先に疑われたりと、不都合が少なくありません。

いくら境遇によって心の平安を乱されないといっても、わざわざ嫌な思いをする必要はありません。いくら悪人でいいといっても、よほどの水準でない限り、事態がひどくなれば「心神を傷ましむること」にならないとも限りません。

以前にも書いたとおり、「心神を傷ましむること」がないようにするためには、ある程度、現実的な状況もよいほうが都合がいいのです。

だいたい本当に悪い人は善人面をしているものです。いかにも悪い人らしい悪人など二流の悪人です。

本当に悪い人でさえそうなのですから、「心神を傷まし」めないために悪人になろうという私たちが、わざわざ必要以上に悪人としての不利益をこうむる必要があるでしょうか。

ただ、通常の善人と違うのは、通常の善人が善人と思われることを目的とし、周囲の評価に一喜一憂して「心神を傷まし」めるのに対して、こちらは「心神を傷まし」めないことが目的ですから、必要最低限は周囲の評価を気にするにしても、それに一喜一憂する必要はないということです。

基準を悪人という評価においておけば、どのような評価もプラスであって、マイナスにはなりません。ですから、「心神を傷ましむる」必要がありません。必要に応じて、悪人と善人を使い分ければいいわけです。

こういうと、では善行を積まずに小手先だけでうまくやればいいのか、と誤解する人が現れるかも知れませんが、昨日も書いたとおり、「因果応報」で、やった行為の報いは自分が受け取らなければならないという問題がありますから、心配は無用です。善行の土台なくして、上に書いたようなことを実践するのは非常に困難なのです。

賢く善人と悪人を使い分け、「心神(わがたましい)を傷まし」めない人生を送りましょう。

心神(わがたましい)を傷ましむることなかれ。ありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

りょうかいです~。

今回で、前回の「悪人になろう」の意味がさらに納得です!

うまく使い分けられるようになりま~す。

Re: りょうかいです~。

>しーさー様

ぜひ賢く使い分けで、楽しく明るい人生を送っていただきたいと思います。
プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。