--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-18

ナスレッディン・ホジャとロバ

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

人からのアドバイスに耳を傾けず、自分のやり方を貫くというのはあまり賢明なことではありません。自分のやり方にこだわらず、人の智慧を借りるというのは大切なことです。

しかしながら、一方で人のアドバイスを気にかけすぎると、何事もうまくいきません。物事を成し遂げている人というのを見ると、まず例外なく我が儘で、人の意向を気遣うよりも自分のやりたいようにやっています。もちろん、そこにやり方の上手下手はありますが。

「心神(わがたましい)を傷ましむることなかれ」というためには、いい人であるというのは考え物だとつくづく思います。

さて、日本でとんち話といえば一休さんや吉四六さんが有名ですが、トルコではナスレッディン・ホジャという人物が有名です。現在のトルコに留まらず、かつてのオスマン・トルコの支配領域やトルコ系民族の居住地域であるであるルーマニアやブルガリア、旧ユーゴスラビアあたりからカフカス・中央アジアあたりまで語り継がれているそうです。

一休さんや吉四六さんはとんちでもって相手をやり込めるという傾向が強いのですが、ナスレッディン・ホジャの場合、相手をやり込める話もありますが、それよりも予想外の言動をするという傾向が強いようです。

ある日、ナスレッディン・ホジャは衣嚢(かくし、ポケット)に桃をいっぱい入れて、それを見せびらかしながら街を歩き、通りがかった人に
「この中に何があるかわかるかね? 当てたら、一番大きな桃をあげるよ」
と言いました。すると、相手は
「桃だ」
と答えました。
ホジャはびっくりして、
「これは驚いた。どこの卑怯者が教えたんじゃ!」
と言いました。


とまあ、こんな調子です。

このナスレッディン・ホジャが息子と一緒に村へ行ったときの話があります。

ある日、ナスレッディン・ホジャが息子と一緒に村へ向かっていました。ホジャは息子をロバに乗せ、自分はロバのそばを歩いていました。

すると、それを見た人たちが言いました。
「見ろよ、老いぼれの父親を歩かせて、元気な子どもがロバに乗って安楽にしているなんて」

息子はそれを聞いて言いました。
「だから言ったじゃないか。頑固は止めて、ロバに乗りなよ」
それでホジャはロバに乗り、息子が歩きました。

すると、向かいから歩いてきた人たちがそれを見て言いました。
「なんというものぐさな親だろう。自分はロバに乗って、こんな若い子を歩かせるなんて」

それを聞いたホジャは考えて、息子を自分の後ろに乗せました。

すると、今度は数歩もいかないうちに向こうからやってきた人が言いました。
「まあ、何という酷いことをするもんだ。ロバ一頭に人間が二人も乗るなんて、そんなかわいそうな話があるものか」

ホジャはついに怒り出して、自分も子どももロバを降り、ロバには何も載せずに、自分たちは後ろからついていきました。

すると、また別の人たちが歩いてきて言いました。
「あれあれ、ロバは何も背負わずに足取り軽く歩いて行く。自分たちは、この暑いのに埃まみれ汗まみれで歩いていく。なんとまあ、世の中には頭の悪い人がいるもんだろう」

これを聞いてホジャは言いました。
「やれやれ、世間の連中の言うことを聞いていたら、きりがないわい」


まあ、世の中そんなもので、人はそれぞれの価値観で言いたいことを言うものです。確かにそれぞれ聞くべき内容はあるでしょうが、全部を聞き入れることなどできません。また、アドバイスする人も、それに責任を持ってくれるわけではありません。

となると、結局は自分で決めるしかないわけです。

むやみに周囲と対立する必要はありませんが、決めるのは自分の心に基づいて決めるべきであって、自分以外の人の意向を根拠として決めたりしたら、大変なことになります。

当たり前のことなのですが、なかなかこれが難しい。特に宗教団体などでは、上の人の言うことを素直に聞くのがよい信者とされますから、ますます難しくなります。

別段、宗教団体に限りません。今の日本は全体的にそうなっているのではないでしょうか。みんな、周囲の意向をうかがいながら生きているように思います。そして、自分のペースで生きようとすると、よってたかって潰そうとします。

それを一言で表す言葉が「空気を読め」。配慮しろとは言わないところがミソです。

配慮するというのは自分に基づくもの、空気を読むというのは周囲の意向に基づくもので、似ているようで全然違います。

空気を読まず、自分を自分に取り戻すことが大切です。

心神(わがたましい)を傷ましむること莫れ。ありがとうございます。

↓一日一回クリックしてくださった方には、きっと何かいいことが起こると思います。
人気ブログランキングへ

ナスレッディン・ホジャ物語 オンデマンド版―トルコの知恵ばなし (ワイド版東洋文庫 38)ナスレッディン・ホジャ物語 オンデマンド版―トルコの知恵ばなし (ワイド版東洋文庫 38)
(2008/02)
護 雅夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。