--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-24

「ひきこもり」推定70万人

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

内閣府の行った「ひきこもりに関する実態調査」で、若者のひきこもりが全国で約70万人に上るという推計が出たそうです。

「ひきこもり」70万人、予備軍155万人(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000081-yom-soci


家や自室に閉じこもって外に出ない若者の「ひきこもり」が全国で70万人に上ると推計されることが、内閣府が23日に発表した初めての全国実態調査の結果から分かった。
将来ひきこもりになる可能性のある「ひきこもり親和群」も155万人と推計しており、「今後さらに増える可能性がある」と分析している。
調査は2月18~28日、全国の15~39歳の男女5000人を対象に行われ、3287人(65・7%)から回答を得た。
「普段は家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」「普段は家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが、家からは出ない」「自室からほとんど出ない」状態が6か月以上続いている人をひきこもり群と定義。「家や自室に閉じこもっていて外に出ない人たちの気持ちが分かる」「自分も家や自室に閉じこもりたいと思うことがある」「嫌な出来事があると、外に出たくなくなる」「理由があるなら家や自室に閉じこもるのも仕方がないと思う」の4項目すべてを「はい」と答えたか、3項目を「はい」、1項目を「どちらかといえばはい」と回答した人を、ひきこもり親和群と分類した。
その結果、ひきこもり群は有効回答の1・8%、親和群は同4・0%で、総務省の2009年の人口推計で15~39歳人口は3880万人であることから、ひきこもり群は70万人、親和群は155万人と推計した。
ひきこもり群は男性が66%と多く、年齢別では30歳代が46%を占めた。一方、親和群は女性が63%を占め、10歳代の割合が31%と高かった。
ひきこもりとなったきっかけは、「職場になじめなかった」と「病気」がともに24%で最も多く、「就職活動がうまくいかなかった」が20%で続いた。
(以上引用)

私も学生時代にひきこもりをしましたので、他人事ではありません。今さら再びひきこもりになることはないでしょうが(というか、そんなことをしたら飢え死にしてしまいます)、自分の奥底には今でもそういう気質が残っているなあと実感することがあります。

また、宗教の世界に関わった経緯から、そういう子ども抱えた親御さんとも接する機会があり、引きこもっている本人たちとも接したのですが、なかなか難しい、片手間で何かできるような問題ではないということを痛感しました。

私がひきこもりを抜け出すきっかけになったのは、大きくは四国八十八ヶ所を回ったことで、自分の考え方や価値観が変わったことですが、やはりそれだけでは難しいところで、両親の協力や出会いの幸運が重なった結果です。

まあ、本格的に社会に出る前でしたから、言ってみれば傷も浅く、おかげでこれまで人生を無事に過ごしてきているわけですが(いや、無事とも言い難いのですが…)、社会人になって長期間ひきこもっている人というのは、就職なども圧倒的に不利になり、本人の気持ちの持ちようだけでは解決しない分、立ち直るのが難しくなります。

家族の心配は当然ですが、それ以上に本人たちの不安や焦燥は大変なものだと思います。しかも、たいていの場合、周囲からは本人の不安や焦燥が感じられないことが多いので過剰に本人を責め、家族間のトラブルから、はては殺人にまでつながったりするのでしょう。

本当に心の痛む話です。

さて、自分自身の体験も踏まえてこの問題を考えると、ひきこもりの人というのは、要は真面目すぎるのだと思います。かつ、不必要に理想が高い。(無意識のうちに)自分で勝手に高いハードルを設定し、それに届かない自分を責めているわけです。

別段、周囲は本人が設定したハードルの水準を求めているわけではありませんが、本人は、自分で自分を責めているように、周囲も責めているように思い詰めてしまっているように思っています。

しかも、たいていの場合、自分が極端に真面目なのだということに気づいていません。それどころか、いい加減な人間だと思い込んでいることが少なくありません(本人の基準ではいい加減に分類されるわけです)。

産経新聞の記事には、それを暗示する内容があります。

「ひきこもり」推定70万人 7割が「家族に申し訳ない」 内閣府調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000508-san-soci


(前略)ひきこもるきっかけは「職場になじめなかった」「病気(統合失調症以外の精神疾患)」が23・7%で「就職活動がうまくいかなかった」(20・3%)、「不登校」(11・9%)と続いた。小中学校時代の経験では「学校で我慢することが多かった」(55・9%)、「一人で遊んでいる方が楽しかった」(27・1%)、「家族に相談しても役に立たなかった」(18・6%)、「親が過保護だった」(同)などの該当者の割合が一般の人の2倍を超え、幼少時に周囲との関係がうまく築けていなかった実態が見えた。
 一方、現在の不安要素は「家族に申し訳ないと思うことが多い」が71・2%で最も多く、「集団の中に溶け込めない」(52・5%)、「他人がどう思っているかとても不安」(50・8%)と続いた。
(以下略)

私のある知人の息子さんの場合、社会人になって何度か就職しているのですが、職場になじめないということでやめてしまい、現在は4年ほど家に引きこもっています(家族とは普通に接していますし、買い物などにも行くようです)。

で、話を聞いてみると、職場の人たちは彼に対して別に不満はないどころか、むしろみんな好意的で、仕事を辞めてからも、飲み会などがある時は誘いがかかるそうです。本人は、特に上司と合わなかったと思っているのですが、話を聞くかぎり、特に上司がひどいということはなく、むしろ、好意的な励ましを過剰にプレッシャーとして受け取っていた節が伺えます。

元同僚からの誘いも、来るとみんなは喜ぶらしいのですが、本人にはかなりの負担になっているらしく、あまり行きたがらないそうです。しかし、それも話を聞くと、本人が細やかな気を使うので、周囲は喜ぶけれども、本人は勝手に疲れてしまっているということのようです。

その辺は、かつての自分を考えればなんとなくわかるところです。

自分で「完璧な自分」を基準にしているので(そんなことは実現不可能なのですが)、周囲からの評価と自己評価がかなり乖離しており、周囲が思う以上に自己評価が低く、自分を責めているものです。

自分はいい加減な人間だ(実態としてひきこもりになっているわけですから)と自分を過剰に責め、さらにそれによって動けなくなって、事態が悪化するという悪循環に陥っていると思われます。

本当にいい加減な人間だったら、ひきこもりなどにはならないものです。

周囲としては、本人が過剰に真面目で、必要以上に自分を責めている結果、ひきこもりから抜け出せないのだということに気づいてあげる必要があります。それを、ひきこもっているからなどといって、家族が本人を責めるなどというのは逆効果もはなはだしいところです。

とはいえ、ひきこもりからの脱出は本人がその気になる以外ありません。というか、いい加減になるしかありません。他人は、自分が思うほどこちらのことには関心を持っていないこと、いい加減な人間のほうが案外うまく世の中を渡っていることに気づき、自分を責めることには何の意味もないことを自覚することがもっとも重要です。

この世というのはおもしろいものですが、真面目な人間がいい加減になった時、初めてその真面目さが生きてくるものです。ひきこもりの原因となるマイナス面は、社会に適応できるように自分のバランスが取れた時、強力な武器となります。過剰に真面目なだけでは、自分を傷めるだけです。

いずれにせよ、ひきこもりの解決は、ひきこもっている人というのは過剰に真面目な人間なのだというところに本人と周囲が気づくことが第一歩であろうと思います。

心神(わがたましい)を傷ましむること莫れ。ありがとうございます。

↓一日一回クリックしてくださった方には、きっと何かいいことが起こると思います。
人気ブログランキングへ

「ひきこもり」がなおるとき (講談社プラスアルファ新書)「ひきこもり」がなおるとき (講談社プラスアルファ新書)
(2004/06/18)
磯部 潮

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。