--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-26

金光大神(17)

金光大神(16)

人気ブログランキングへ
↑クリックの応援をお願いします。

文治は金乃神にすべてをゆだね、その教えのままに生きるという訓練が続きます。この頃には、常に直接お知らせがありますから、繁右衛門のところからは足が遠のくようになっていたようです。

この年(安政5年)の秋には、文治と金乃神の関わりが一段と進みました。麦蒔きのために馬鍬を使う少し前のことです。

9月23日、金乃神が天照皇大神に「天照皇大神(てんしょうこうたいじん)様、戌の年氏子(文治のこと)、私にくださいませ」と言いました。すると、天照皇大神が「はい、あげましょう」と答えたので、文治に向かい、「戌の年(文治のこと)、金(乃)神がその方をもろうたから、金神の一乃弟子にするぞ」と言いました。

ところが、すぐに天照皇大神が「金(乃)神様、戌の年をあげましょうとは申しましたが、差し上げることはできません。戌の年のような氏子は他にありませんから」と伝えてきました。金乃神は「それでも、いったんやろうと言うてから、やらないというのでは偽りになります。ぜひもらいます。惜しいというのであれば、せがれの巳の年(三男の浅吉、幼名は延治郎)が成長しましたら、天照皇大神様のお広前に参詣させますから、どうぞくだされ」と頼みました。

それで天照皇大神も「そのようにおっしゃるのでしたら、あげましょう」と答えたので、金乃神は「くだされれば、安心いたします」と言いました。

そして、文治と家族に向かい、「戌の年、母、家内一同に申し渡す。一乃弟子にもらうというても、よそへ連れて行くのではない。ここで金(乃)神が教えをするのじゃ。何も心配はない」と言いました。

正月に与えられた「下葉の氏子」というのは、特別の庇護を受ける氏子ということですが、「一乃弟子」というのはそこから一段階進み、神の教えを受けて、修行をする立場になったということです。また、天照皇大神を総氏神とする氏子の立場から外に出たということでもあります。

金乃神からは次のような指示がありました。

「秋中、行をせよ。朝起き、衣装を着替え、広前(神前) に出て祈念をせよ。それが済み次第、妻に広前にお膳を準備させ、そこで衣装を着替えて、はだしで農業に出よ」

妻はそれを聞くと、「いや、大霜が降ったときにでもはだしというのでは人が笑って、体裁が悪いです。『信心ばかりして、わらじも作らない』と人が言います」と反対しました。

しかし文治は、「体裁が悪いというのなら、わらじを持って後からついてきてくれ」と言いました。内心、「私は世間体をかまわず、神の仰せ通りにして、背かない。妻は神様のおかげを知っているようで、知らない。世間体を気にする」と残念に思いました。

これは、文治が内心で考えた通り、周囲の思惑や世間体に振り回されず、神様の言う通りに行うという修行であったと思われます。世間体を気にするようでは、神様の意思を実践することはできませんし、ましてや人に伝えることはできません。

文治が雨の中でも馬鍬を使い、どうしているのか聞く人に「もう一度、田植えをするのよ」と答えたのも、神意を実行しながら、うまく世間の目や口を交わす修行であったともいえます。

このようにして、文治の修行が本格的に始まりました。

続きます。

心神(わがたましい)を傷ましむること莫れ。ありがとうございます。

参考:
『金光大神』『金光教教典』(金光教本部教庁)
『新訳 金光大神御覚書』(金光教日本橋教会)
『新宗教教団・人物事典』(弘文堂)


↓一日一回クリックしてくださった方には、きっと何かいいことが起こると思います。
人気ブログランキングへ

理屈は理屈 神は神理屈は理屈 神は神
(2005/04)
かんべ むさし

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。