--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-01

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。

今年は卯年、兎の年です。

古来、虎には竹、鹿には紅葉、獅子には牡丹等、特定の動物と背景のセットがありますが、兎の場合は波とセットになります。上の写真は、兎の神社として有名な、さいたま市浦和区の調神社旧本殿の脇障子「月と波兎」。

波間を走る兎というのも不思議な光景ですが、これは謡曲の「竹生島」の一節に由来するそうです。

緑樹影沈んで 魚木に登る景色あり
月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか
面白の島の景色や
(島の緑の木々の影が湖面に映って、魚が木に登っているかのようだ。
月が湖面に浮かべば、兎も波間を走っているでしょうね。
なんと趣深い島の景色よ)

ここから波に兎の図が生じ、江戸時代には広く人気を博したそうです。

逆巻く波間をかける兎、非常に勢いがあります。卯年にあやかって、日本に元気を取り戻す一年としたいものです。

平成23年が皆様にとりまして佳き一年となりますように。本年もよろしくお願い申しあげます。
スポンサーサイト

theme : 新年のご挨拶。
genre : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。