--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-13

未来から今を見る

いつもは休みの日曜ですが、きな臭い世情について一言書いてみたいと思います。

ナチス・ドイツであれ何であれ、歴史上悪名高い政権とその協力者について、現代の価値観から批判する人たちがいますが、そういう人に限って、未来においては批判されるであろう現在進行中の事態については嬉々として協力したりするものです。

まあ、私もなんだかんだ問題はありながらも、民主国家として発展してきた自分の国が、非人道的大国に嬉々としてすり寄る姿を見ることになろうとは思いもよりませんでした。

どんな悪事を働いても「死ねば仏になれる」と誤解している小沢民主党幹事長が、大朝貢団を率いて中国に行き、「友好」とやらを深めてきたようです。
参照:http://rokkonshojo.blog98.fc2.com/blog-entry-10.html

お相手は1989年にチベット民族の弾圧を指揮した仏敵フー・チンタオ主席。でもって、宮内庁に強要して、今年夏のウイグル民族虐殺事件の責任者と目されているシー・ジンピン副主席が天皇陛下と特例会見するようにごり押ししたそうです。

※そういえば、来日した仏敵フー閣下とわざわざ会談して友好を深めた日本の巨大「仏教」団体のトップもいましたね。まあ、その団体では、自分たちの団体に敵対する勢力を仏敵と呼ぶようですから、フー閣下は仏敵には分類されないのかもしれませんが。

同行の議員たちも、一人ひとりフー閣下とツーショットで写真を撮り、握手をしていただいて、大感激だったとか。

彼らといえども、例えばヒトラーとツーショットで写真を撮り、握手してもらいたいとは思わないでしょう。しかし、それも歴史の評価が定まった現代だからそう考えられるのであって、ヒトラーが華々しく登場した当時であったらどうだったでしょうか。

今はG2などといって、将来においてアメリカと並ぶ超大国であり、世界最大の市場を持つ国家であると目されていることから、諸々の悪事は見て見ぬふりをされていますが、いずれ百年も経たないうちに人類史上もっとも邪悪な国家として評価されるようになることは、すでに共産党政権が築いてきた実績から確実です。

文化大革命しかり、天安門事件しかり、チベットやウイグルをはじめとする民族弾圧しかり。

どのように巧妙な手段を使ったとしても、しょせん、永続させることなどできません。無理を重ねれば無理を重ねるほど、その反動も激しいものです。

目先の利害を無視して自らの志操を貫くというのは、個人としてはともかく、国家を運営する上ではいかがなものかと思いますが、目先の利害のために邪悪な連中に媚びへつらうなどというのは言語道断であり、長期的な国益を失います。まして小沢氏のような自分の利害しか考えないやり方は、中短期的な国益さえ失うでしょう。

まあ、それでも「死ねば仏になれる」と思っているのですから、国民がどうなろうが、国益が損なわれようが、ご本人は平気なのでしょうが。

フー閣下とのツーショットに大喜びしているなどという、歴史の中での自分の立場に自覚のない国会議員たちの姿を見るにつけ、未来から今の自分の立ち位置を見る習慣の大切さを思わずにはいられません。


そのためには、あからさまに正義を振りかざすような愚かなまねは論外で、政治的な配慮や大人としての振る舞いをすることは当然としても、常に自らの利害を排した目を持ち、ありのままの現実をしっかり認識しておくことが必要不可欠です。

12/15追記:海外メディアも小沢氏の訪中団については「朝貢団」と認識しているようです。
小澤一郎「朝貢團」的背景(小沢一郎「朝貢団」の背景)/BBC中国語(繁体)版
http://www.bbc.co.uk/zhongwen/trad/world/2009/12/091212_china_japan.shtml


↓それはもっともだと思った方も、思わなかった方も、クリックしていただければ感謝です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。