--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-29

百八煩悩(2)

百八煩悩について続けます。

除夜の鐘の百八は煩悩の数とされます。この百八煩悩とは九十八随眠(きゅうじゅうはち ずいめん)十纏(じってん)を合わせたものです。

98(随眠)+10(纏)=108

今回は九十八随眠のもととなる六随眠・十随眠、すなわち6種類ないし10種類の根本煩悩について見ていきたいと思います。ただでさえややこしい話ですから、余分なことは抜きにして、さっそく六随眠の一つひとつを見ていきましょう。

1.貪(とん)…貪愛(とんあい)ともいいます。むさぼり。貪欲。執着。激しい欲望。いわば、心の奥底から生じる自分ではコントロールできない欲望で、迷いの生存(六道の世界から脱出できずに輪廻する)の根元です。

2.瞋(しん)…瞋恚(しんに)ともいいます。怒り。腹立ち。憎しみ。憎み怒ること。自分の思い通りにならないものに対して湧き起こる怒り。心身を平安にさせない心の作用です。

3.癡(ち)…愚癡(ぐち)あるいは無明(むみょう)ともいいます。愚かな心。ものの道理がわからないこと。迷い。真理に対する無知(この世界が縁起による「諸行無常・諸法無我」の世界であることがわからない)であり、そのためにすべての誤った行為(悪業)の原因となりますから、煩悩の根本とされます。

※貪・瞋・癡の三つは、煩悩の中でも特に根本的で、悪の根源とされることから「三毒(さんどく)」と呼ばれます。

4.慢(まん)…慢心。おごりたかぶり。自分は他人より優れたものであるとして、他人に対して誇りたがる心の作用。

5.見(けん)…間違った見解。間違ったことを正しいと思い込み、正しい道理を知らないこと。

6.疑(ぎ)…仏法(真理・正法、といっても幸福の科学の教えではない…あれは「見」なので)を疑う心。仏法というのは、苦しみや迷いを滅する教えですから、それを疑っていたのでは幸せにはなれないでしょう。

以上が六随眠です。そして、このうちの「見」を五つに分けて十随眠になります。その五つに分類した「見」を「五見(ごけん)といいます。以下の通りです。

1.有身見(うしんけん)…自分の肉体や心を「われ」であるとか「わがもの」と執着すること。自分の肉体や心も縁起によって形成され、刻々と変化し続けているものであり、自分の自由にはならないものですから、「われ」であるとか「わがもの」であるとはいえません。

2.辺執見(へんしゅうけん・へんじっけん)…極端な考え方に執着する見解。仏教の教学的には、断見(自分は死んだら無になるという見解)と常見(死んでも存在し続ける)という二種の極端な見解を指すとされます。物事を何でも白か黒かに分けて、そのどちらかに執着する、バランスを欠いたものの見方です。

3.邪見(じゃけん)…因果応報を認めず、罪や功徳、善悪の果報といったものはないという見解。最近の日本には、仏教者を称しながら因果応報を否定する邪見の人が少なからずいるようです。道元禅師は「邪見の輩には群すべからず(邪見の人の仲間になってはいけない)」とおっしゃっています。

4.見取見(けんしゅけん)…誤った見解をもっとも優れた見解であると執着し、また、それによって悟りに到達することができると執着する見解。お互いに自分の執着するところをもっとも優れていると考え、他は劣っている・誤っているとする見解。前半はともかく、後半について当てはまる宗教者は多いのではないでしょうか。特に明治神宮外苑のそばとか富士山の麓とかにはたくさんいるように聞いています。

5.戒禁取見(かいごんしゅけん)…誤った見解(仏教の立場からは仏法以外の教え)に基づく戒律や禁制が悟りに至る方法であると執着すること。

以上の六随眠と五見で十随眠となります。

この十随眠は、学習と修行によって徐々に消滅していきます。その消滅の過程に基づいて98に細分化したのが九十八随眠です。

明日は九十八随眠について見ていきたいと思います。

心神(わがたましい)を傷ましむること莫れ。ありがとうございます。

↓一日一回クリックしてくださった方には、きっと何かいいことが起こると思います。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。