--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-20

現在のために未来を捨てる人たち

世の中が大変興味深くなってきました。衆議院と参議院のねじれは解消されたわけですが、その結果として、過去と現在のねじれ、あるいは偽善的な建前と利害に基づく現実のねじれが顕在化してきたように思います。

例えば鳩山首相。野党時代には、秘書の責任は議員の責任だといっておきながら、いざ自分がその立場に立つと、自分は知らなかったでしらを切り通し、上申書だけですましてしまいました。どうも、過去の自分の発言はなかったことにするようです。

あるいは小沢幹事長。まあ、この人は昔からいろいろ言われてきた人ですから、別にねじれているとは思いませんが、それに巻き込まれた人たちがねじれを起こしています。

「政治とカネよりも景気対策!」ごもっともです。しかし、かつて「政治とカネ」を最優先にしてきた自分たちの言動はどうなるんでしょうね。もし、景気対策が優先だというのであれば、まず過去の自分たちの過去の言動を不見識と懺悔した上で、ご理解を願うべきでしょう。でなければ、単なるご都合主義です。

続きを読む

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

2009-12-27

因果応報から考える民主党政権の今後

基本的に日曜日は休みにしているのですが、今日は今年最後の日曜ということで、目下興味深い動きをしている時局について考えてみたいと思います。

因果応報から考える…といっても、不敬の民主党は許し難いから天罰が下るであろう!などという短絡的な話でないことは、当ブログの読者諸賢におかれてはわざわざ言うまでもないことと思います。

タイトルがなぜ「鳩山政権」ではないかというと、いつまで保つかわからないからです。常識的に考えれば即座に退陣すべきだと思うのですが、結構粘っていますからねえ。

秘書二人が逮捕で本人は不起訴になったわけですが、本来、友愛政経懇話会の代表者ですから政治資金規正法からして監督不行届が問われるべきですし、そうでなくても、かつて野党時代の自らの発言からして、辞職が当然です。

とはいえ、鳩山首相もとことんまで無恥な御仁と見え、わけのわからない言い訳をして、しがみつくつもりはないと言いながらしがみつくつもりのようです。

見ざる言わざる法はザル

こんなアスキーアートがありましたが、うまいものです。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

2009-12-13

未来から今を見る

いつもは休みの日曜ですが、きな臭い世情について一言書いてみたいと思います。

ナチス・ドイツであれ何であれ、歴史上悪名高い政権とその協力者について、現代の価値観から批判する人たちがいますが、そういう人に限って、未来においては批判されるであろう現在進行中の事態については嬉々として協力したりするものです。

まあ、私もなんだかんだ問題はありながらも、民主国家として発展してきた自分の国が、非人道的大国に嬉々としてすり寄る姿を見ることになろうとは思いもよりませんでした。

続きを読む

theme : 宗教
genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

こまいぬ

Author:こまいぬ
古今宗教研究所のブログです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキングに参加しました
人気ブログランキングへ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。